チガヤ

チガヤの穂(種)

3~4月頃に開花し、すぐに白い綿毛のような穂に変わります。人の歩かない斜面にはびっしりとチガヤが群生し、他の植物よりも繁殖力があるようにみえます。

はじめはぴったりとくっついた穂も5月の下旬頃になると開き出してフワフワの状態になります。

よくみるとフワフワの綿毛に小さくて細長い種がついているのが分かります。これが風に飛ばされて至る所にチガヤの群落をつくるのでしょう。

チガヤは群落を見ていると風になびいてきれいなのですが、土地の所有者にしてみればただの雑草で、その繁殖力に閉口しているようです。

このように種でも増えるのですが、地下茎でも増えるようで、刈り取っただけではダメで根まできちんと抜き取らないとすぐに生えてきてしまうそうです。

撮影場所 入曽多目的公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2018年月5下旬

チガヤの葉と茎

撮影場所 入曽多目的公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2018年月5下旬

基本情報

名称  チガヤ
イネ科
開花期 4~5月
原産 日本、中国、東南アジア他
分布 全国
高さ 30~50cm
花の大きさ 5~10cm
植物のタイプ 多年草
見かける場所 河原、空き地
特徴
その他




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする