ホトトギス

ホトトギスの花

撮影場所  埼玉県狭山市
撮影時期 2017年10月上旬

ホトトギスにはシロホトトギス、キバナホトトギス、サツマホトトギス、ヤマホトトギスなど十数種類確認されていますが、写真のホトトギスはアズキ色の斑が入ったタイワンホトトギスです。

ホトトギスの葉

撮影場所  埼玉県狭山市
撮影時期 2017年10月上旬

葉は茎に巻き付くように生えており、葉柄は見当たりません。

ホトトギスの茎

撮影場所  埼玉県狭山市
撮影時期 2017年10月上旬

茎は産毛に覆われています。また茎から伸びた蕾(つぼみ)にもびっしりと産毛が生えているのがわかります。

基本情報

名称  ホトトギス
 ユリ科
開花期 9~10月
原産  日本、台湾、朝鮮半島
分布  北海道~九州
高さ 30~100cm
花の色 白、紫、ピンク、黄色
花の大きさ 3~4cm
植物のタイプ  多年草
見かける場所  日当たりがあまりよくないちょっとジメジメした場所
特徴  一番ポピュラーなホトトギスは斑入りのものでその斑点が鳥のホトトギスの胸の斑点に似ているところから名が付きました。
その他




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする