福寿草(フクジュソウ)

福寿草(フクジュソウ)の花

撮影場所  伊豆が岳(埼玉県)
撮影場所 2005年3月下旬

早春の枯れ草の中、唯一黄色い花を咲かせ、登山客の目を楽しませてくれます。2~3月頃に登山に出掛け、下山途中に通りがかる里山でよく見かける風景です。

空気はまだ冷たく、登山の装備も冬用なのですが、フクジュソウを見つけると春はもうすぐだと感じます。

福寿草(フクジュソウ)の葉

撮影場所  伊豆が岳(埼玉県)
撮影場所 2005年3月下旬

福寿草(フクジュソウ)の葉はニンジンの葉に似ており、晩春あたりから葉を枯らし落葉します。

基本情報

名称  福寿草(フクジュソウ)
 キンポウゲ科
開花期 2~4月
原産  日本、東アジア
分布  北海道~本州
高さ 20~30cm
花の色 黄色
花の大きさ 3~4cm
植物のタイプ  多年草
見かける場所  庭、公園、里山
特徴  花びらを凹面鏡のように丸くして、太陽の光を中心に集め花の中を暖かくします。その温かさにつられて虫を集めて受粉させています。
その他




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする