シロツメクサ

シロツメクサの花

撮影場所 狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年6月上旬

シロツメクサの葉

撮影場所 狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年6月上旬

基本情報

名称  シロツメクサ
マメ科
開花期 4~10月
原産 ヨーロッパ
分布 全国
高さ 10~20cm
花の大きさ 0.8~1cm
特徴  公園の芝生などと一緒に群生することが多く、花をつける頃になると地面が白い花で覆われます。
その他  帰化植物

解説

ヨーロッパ原産の帰化植物で畑や草地、公園などにふつうに生えています。江戸時代にオランダからガラスの器などを送る時に、緩衝材として隙間に詰められたため「ツメクサ」と呼ばれるようになりました。

葉は有名なクローバーで普通は3枚ですが、4枚のものもあります。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする