トウカエデ

トウカエデの葉

撮影場所  狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年6月上旬

撮影場所  狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年9月下旬

9月下旬になると種子(実)のほうは完全に茶色く変色してきているのですが、葉のほうはまだまだ青々としています。植物の種類は落葉高木なので寒くなると葉が落ちるのですが、まだそんな気配は全くありません。

桜の葉は、枯れて変色し、かなり地面に落ちてきています。いつ頃葉の色が変わるのか、いつ頃葉が落ちるのか、観察を続けます。

撮影場所  狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年11月中旬

11月中旬になるとトウカエデの種子(実)は完全に落ちて無くなっていました。葉も木の上のほうから赤く紅葉して緑と赤のグラデーションがとてもきれいです。

トウカエデの幹

撮影場所  狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年6月上旬

トウカエデの種子(果実)

撮影場所  狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年6月上旬

プロペラのような翼を持った種子(果実)はカエデ科の植物の特徴なのですぐにわかります。まだ6月なので青々としていますが、秋には茶色く変色し、一対になっている果実(種子)が別々に風に吹かれて飛んで行きます。

撮影場所  狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年9月下旬

カエデ科の木の特徴であるこの種子は、6月頃の黄緑色から赤みを帯びたものが多くなってきました。さらに一部では茶色くなっているものも見受けられますが、まだそのほとんどは枝にしっかりとついていて落下しているものは殆どありません。

撮影場所  狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年10月中旬

10月中旬に公園へ行ってみるとトウカエデの種はご覧のように完全に熟し切っているようで乾いた焦げ茶色をしていました。

ただ落下している種子はまだ全くなく、手で引っ張ってみても全く取れる気配はしませんでした。いつになったら風に吹かれて飛散するのでしょう。

その光景はぜひ見てみたいものです。

基本情報

名称  トウカエデ
 カエデ科
開花期 4~5月
原産  中国
分布  北海道~九州
高さ 10~20m
花の大きさ
植物のタイプ 落葉高木
見かける場所 公園、街路
特徴  葉はイロハカエデのようにはっきりとした切れ込みはありませんが、6月頃から翼を持った果実(種子)が見られるようになり、カエデ科の樹木だとすぐにわかります。
その他




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする