ヤマブキ

ヤマブキの花

撮影場所 日の出山(東京都青梅市)
撮影時期 2008年4月

撮影場所  関八州見晴台(埼玉県入間郡越生町)
撮影時期 2017年4月下旬

春に登山をしていると、登山道沿いに必ずみかける花で、とてもよく目立ちます。ヤマブキ色はこの花の色からできた色のようです。

ヤマブキの葉

撮影場所  関八州見晴台(埼玉県)
撮影時期 2017年4月下旬

葉はとても薄いので草のようにも見えるのですが、樹木に属します。しかし茎は細いにもかかわらず1~2mも伸びるので、通常、先端は垂れ下がっています。葉の縁にははっきりとした鋸状のギザギザがあります。

基本情報

名称  ヤマブキ
 バラ科
開花期 4~5月
原産  日本、中国
分布  北海道~九州
高さ 1~1.5m
花の色 黄色
花の大きさ 3~5cm
植物のタイプ  落葉低木
見かける場所  山間部、公園
特徴  登山道の斜面によく生えており、斜面から登山道のほうへ垂れ下がった状態で黄色い花をつけているので、春(4~5月)に登山道を歩くと必ず見かけるポピュラーな植物です。
その他




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする