モウセンゴケ

モウセンゴケの葉

撮影場所  渋池(長野県奥志賀高原)
撮影時期 2003年8月下旬

モウセンゴケは、葉から粘着液を出し、それによって虫を捕らえる食虫植物です。

基本情報

名称  モウセンゴケ
 モウセンゴケ科
開花期 3~5月
原産  全世界
分布  全国
高さ 1~20cm
花の大きさ
植物のタイプ  多年草
見かける場所  湿原
特徴  食虫植物で葉から粘液を出し虫を捕食します。乾燥した場所では育たないため今では高原の湿地帯のみでしか見られなくなり、絶滅危惧種に指定されています。
その他




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする