アオハダ

アオハダ

(画像をクリックすると拡大します。)

アオハダの木肌は灰褐色をしているのですが、その樹皮はとても薄くちょっとひっかいただけで表面の樹皮がはがれ、幹の中を見ることができます。はがれた樹皮の下はきれいな緑色をしており、そこからアオハダと呼ばれるようになったのです。

より詳しい解説は、アオハダのページへ。

コメント