アジサイ(セイヨウアジサイ)

アジサイ(セイヨウアジサイ)の花

セイヨウアジサイの花は、日本原産のガクアジサイとは違い、花序が球形ですべてが装飾花となった手まり咲きと呼ばれる咲き方をします。

アジサイ(セイヨウアジサイ)の葉

撮影場所 狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年6月上旬

アジサイ(セイヨウアジサイ)の茎

撮影場所  狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年8月中旬

アジサイ(セイヨウアジサイ)の茎はその年に伸びた茎はまだ黄緑色をしていて柔らかくしなやかなのですが、数年経過すると樹木の幹そのもののような貫禄のある木肌になります。

アジサイ(セイヨウアジサイ)の株

撮影場所   狭山稲荷山公園(埼玉県狭山市)
撮影時期 2017年8月中旬

アジサイ(セイヨウアジサイ)の1株はこんな感じです。これは花の終わった8月に撮影したのですが、株の付け根あたりから毎年新しい枝がのび外にどんどん大きくなっていきます。写真後方に移っている株もアジサイ(セイヨウアジサイ)の株ですが、まだ手前の株よりは小さい株です。

基本情報

名称  セイヨウアジサイ
 アジサイ科
開花期 6~7月
原産  ヨーロッパ
分布  全国
高さ 1~2cm
花の大きさ 15~30cm
植物のタイプ 落葉低木
特徴
その他  セイヨウアジサイは、日本原産のガクアジサイがヨーロッパに輸出され、そこで品種改良され、日本に逆輸入されたと言われています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする